ヴェゼルとC-HR比較!燃費や走行性能はどっちがいい!?

新型ヴェゼルの新車を安く手に入れたい方へ!

新車を安く手に入れる方法があります。
それは下取りに一括査定サイトを使うだけ。
これが一番お得でおススメです!

大手買い取り業者最大10社が
買い取り価格を競い合うため

ディーラーでは30万円の下取りが、
70万円で買い取ってもらえた!
という口コミが多数!

ぜひお試しください。

今コンパクトSUVで人気のHONDA ヴェゼルとTOYOTA CH-Rを比較していきます!

具体的に何が違うのか?どちらが性能が優れているのか?をまとめてみました!

ヴェゼルとC-HRを比較!内装・価格・燃費編!

引用:https://toyota.jp/c-hr/exterior/?padid=ag341_from_chr_navi_exterior

まず初めに、ヴェゼルとC-HRの内装と価格と燃費を比較していきます!

内装

まず、最初に内装です。

ヴェゼルはインパネ周りにソフトパッドを使用しており、カラーはジャズブラウンを採用したりするなど高級感に溢れています。

引用:http://www.honda.co.jp/VEZEL/

また、シートも皮でこれもまたジャズブラウンや黒のキルティングなどかなりデザインの良いものを採用しています。

シフトノブの周りもピアノブラックで高級車さながらの雰囲気です。

一方でCH-Rもインパネ周りにはブラウンのソフトパッドを使用し、ピアノブラックのパネルも差し色で落ち着いた雰囲気です。(↓の画像参照)

引用:https://toyota.jp/c-hr/interior/?padid=ag341_from_chr_navi_interior

シートもブラウンと黒のキルティングのコンビとこちらも負けず劣らずの内装ですね。

色味としては明るい茶色はヴェゼルで、暗い茶色はCH-Rです。

CH-Rの方が落ち着いた内装の印象ですね。

ただ、CH-Rのシフトノブは皮で覆われているので、少し古臭い感じですかね。

収納はどちらも多くないです。

オプションですが、どちらもLEDのイルミネーションがあります。

ヴェゼルはスピーカー周りが中心ですが、CH-Rはドアミラーについているウェルカムランプがドアを開けた時転倒し、地面にCH-Rと映し出されるものを採用しています。

これはおしゃれですね~!ただ、基本的にはどちらもあまり差がないので、これは引き分け!

価格はヴェゼルが◎!

  • ヴェゼル
  • 約190万円〜約300万円

  • CH-R
  • 約251万円〜320万円

安いモデルだとかなり差がありますね。

全体的に見てもヴェゼルの方が明らかに安価で買えます。

CH-Rは1番低いグレードでもかなり高いですね。ここはヴェゼルが価格としては、買いやすい値段ですね。

燃費 ハイブリッドはC-HRが◎!

続いて燃費についてです。

ここはライバルとして重要ポイントですね。

ではらヴェゼルから。

ヴェゼル ガソリン
2WD|JC08モード|21.2km/L
4WD|JC08モード|19.6km/L

ヴェゼル ハイブリッド
2WD 27.0km/L
4WD 23.2km/L

CH-R

1.2L直噴ターボ(ガソリン車):15.4km/L
1.8L+モーター(ハイブリッド):30.2km/L

ガソリンに関しては、ヴェゼルが圧勝ですね。

CH-Rはいくら1.2Lエンジンにターボを付けたからといっても、車重がヴェゼルより重く1400kgを越しているので、車重に見合ってないパワーのエンジンですね。

しかし、ハイブリッドとなるとCH-Rの圧勝です。

こちらは1.8Lとヴェゼルより少し大きいエンジンにモーターの動力が加えられ、多少の車重の重さは関係ありませんね。TOYOTAはモーターの技術が優れていますからね。

ここはその技術の差といったところでしょうか。

ヴェゼルとC-HRを比較!安全装備・乗り心地・走行性能編!

引用:http://www.honda.co.jp/VEZEL/

次は安全装備、乗り心地、走行性能についてです。

安全装備は圧倒的にヴェゼル!

ヴェゼルはHONDA SENSING、対してCH-RはToyota safety senseといった安全装備が備えられています。

簡単に機能の概要を書きます。

HONDA SENSING

ホンダセンシング概要
ホンダセンシングミリ波レーダーと単眼カメラを用いた8個の主な機能が付いています。

  1. 衝突軽減ブレーキ(CMBS)
  2. 単眼カメラとミリ波レーダーで前走車及び対向車、歩行者を検知して衝突の回避を支援する機能

  3. 歩行者事故低減ステアリング
  4. 単眼カメラとミリ波レーダーで路側帯の歩行者や車線などを検知し、衝突を回避する機能。

  5. 路外逸脱抑制機能
  6. 単眼カメラで車線を検知して、車線を逸脱しそうな時にディスプレイ内の表示、ステアリングの振動で警告する機能

  7. 誤発進抑制機能
  8. 停車時や約10km以下の低速時にミリ波レーダーで前方の障害物を検知して、急発進による事故を抑制する機能

  9. 先行車発進お知らせ機能
  10. 前方の車が発進したことを知らせてくれる機能

  11. 標識認識機能
  12. 単眼カメラで道路標識を認識し、一時停止や進入禁止、最高速度などの日道路標識をディスプレイに表示してくれる機能

  13. ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)
  14. 単眼カメラ、ミリ波レーダーで前走車との速度差を検知し、適切な車間距離を保ちつつアクセルとブレーキの制御を行って、前走車を追従するレーダークルーズの一種

  15. 「LKAS(車線維持支援システム)
  16. 単眼カメラで車線を検知し、細かいステアリング操作を支援して車線の中央を維持する機能

Toyota safety sense

  1. プリクラッシュセーフティ対車(PCS)
  2. 車に追突しそうな時に衝突回避又は衝突軽減機能
    人に対してのプリクラッシュセーフティも付いています。

  3. レーンディパーチャーアラート(LDA)
  4. 白線をはみ出すとアラーム音とディスプレイ表示で知らせてくれる機能

  5. オートチックハイビーム(AHB)
  6. 周りの車を検知して自動でハイビーム、ロービームを切り替える機能

見ていただいた通りTOYOTAはかなり機能が少ないわけでありまして…

しかも、誤発進防止機能は上記の機能とは別のオプションで設定されています。安全に対する意識はHONDAの方が高く、同じような機能でも精度がいいのはHONDAです。

安全装備はヴェゼル一択です。

乗り心地はC-HRが◎!

ヴェゼル

ヴェゼルは悪くはありませんが、硬い足回りです。スポーツ走行するのであれば、踏ん張りが効くので高速運転などの時は良いと感じるでしょう。

しかし、街乗りとなると基本高速道路ほど道が綺麗ではないところが多いと思います。

マンホールが飛び出ているところがあったり、アスファルトが削れていたりと様々な路面があります。

そうなると、ショックやスプリングが硬いが故にあまりストロークせず、突き上げ感があるような乗り心地になってしまいます。

CH-R
対してCH-Rはヴェゼルに比べて多少柔らかい足回りでかなり乗り心地がいいです。

ショックやスプリングのセッティングがよく、サスペンション自体が路面のギャップを拾った時きちんとストロークして、路面からのショックを軽減出来ています。

乗り心地は同クラスで1番良いのではないでしょうか。

走行性能はヴェゼルが◎!

ヴェゼル
ヴェゼルはパワーもしっかりあり、加速も申し分ない車です。コーナリングもよく、止まる、曲がるの仕事がきちんと出来る車ですね。

また、全高も低くされているので、重心が低くどっしりしています。高速運転の際もロールがあまりなく、しっかり踏ん張ってくれるので安心です。

さらに4WDならば、雪道も楽に走れます。

CH-R
TNGAプラットフォームにより、高剛性ボディでロールを抑え、さらに低重心化を図ることによって安定した走行姿勢を確保できます。

また、空力もかなり研究されて煮詰められており、空気抵抗も少なく、ダウンフォースもSUVながらしっかりと獲得しており高速運転時も安定した走りです。

加速も1.8Lハイブリッドなら、十分な加速ですが、1.2Lターボだと少しモタモタしますね。

それと、ハイブリッドには2WDしかなく、雪道のような悪路は苦手です。あくまで街乗り専用ですね。

ヴェゼルとC-HR比較!まとめ

ヴェゼルとCH-Rを比較していきました。

街乗りはCH-R、ヴェゼルは悪路や高速道路に向いている感じですね。

インテリア等に関してはさほど差がありませんが、価格がCH-Rの方が高いですね。

燃費はCH-Rが良いですが、価格のことを考えるとヴェゼルがお得かもしれませんね!

新型ヴェゼルを安く買う裏技とは!?

  • 「ほしいグレードの車は…高いっ…!」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉ってどうやるの??」
  • 「たくさんディーラーを回る時間がない…」
  • 「ディーラーの売り込みが苦手…」

などなど、
車の購入を考えているけど、
価格の悩みは尽きませんよね。

一番の相談者である家族に話しても、
「車のことは良く分からない。安い軽自動車でいいじゃん」
と言われる始末…。

そんな方へ、
おススメの裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

結論から言うと、
下取りより買取!
です。

流れとしては、
一括査定サイトに登録し、
連絡を待つだけ!

一括査定サイトを利用することで、
ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者で80万円!なんて口コミが多くあります。

ポイントは、
最大10社の大手下取り会社が
買取価格を競うところ!

だからこそ、80万の買取実績があるのです!