ヴェゼルとCX-3を比較!長所と短所はコレだ!

新型ヴェゼルの新車を安く手に入れたい方へ!

新車を安く手に入れる方法があります。
それは下取りに一括査定サイトを使うだけ。
これが一番お得でおススメです!

大手買い取り業者最大10社が
買い取り価格を競い合うため

ディーラーでは30万円の下取りが、
70万円で買い取ってもらえた!
という口コミが多数!

ぜひお試しください。

今回は、コンパクトSUVでは人気のヴェゼルとCX-3の2車種を比較していきたいと思います!

どちらも価格もそこまで変わりませんが、それぞれどんな特徴があるのか?良いところ悪い所はどこか、どんな用途に向いているのかを筆者目線で書いていきます!

ヴェゼルとCX-3の内装・サイズを比較!長所と短所は?

引用:http://www.honda.co.jp/VEZEL/

今回はヴェゼルとCX-3ですが、筆者はどちらの車もエクステリアがドストライク!価格も変わらないためどちらにしようか迷う方も多いかと思います。

ということで、サイズから乗り心地や走行性能など比較をしていきたいと思います。

グレードはそれぞれ人気グレードのヴェゼルHYBRID Z・Honda SENSINGCX-3 XDプロアクティブです!

サイズはヴェゼルが◎

まず、車体の大きさから紹介していきましょう!

  • ヴェゼル
  • 全長 4340㎜
    全幅 1790㎜
    全高 1605㎜
    客室寸法:長さ 1930㎜
    客室寸法:幅 1485㎜
    客室寸法:高さ 1265㎜

  • CX-3
  • 全長 4275㎜
    全幅 1765㎜
    全高 1550㎜
    客室寸法:長さ 1810㎜
    客室寸法:幅 1435㎜
    客室寸法:高さ 1210㎜

車体の大きさ、室内の広さはヴェゼルの方がほんの少し大きい!

CX-3の方がヴェゼルより小さいので取り回しはほんの少し楽なものの、室内が狭いためヴェゼルと比較するとCX-3は窮屈に感じるかもしれませんね。

内装はどっちも◎!多人数にはヴェゼルが優勢

引用:http://www.honda.co.jp/VEZEL/

ヴェゼルは足元空間の広さが売り!筆者も乗ったことがありますが、見た目が小さく見えるのに、こんな広いんだ!と驚きました。

シートも本革が使われているので高級感がある内装!この点は、ユーザーにはかなり高い評価を得ていますが…唯一残念なのは、収納が少ないところ。惜しい!

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/feature/interior/interior1/

一方でCX-3は、ヴェゼルに負けてないくらいの高級感溢れる内装!特にシートは深みがあり、高級車のような雰囲気も漂っています。

高級感があると、買ってよかったなって思いますよね。

ナビもBMWやベンツのようなフローティングなのも相まって、欧州の雰囲気がありますね。

両者、内装に関してはいい勝負していると思いますが、室内の広さでいうとヴェゼルの方が広いため、多人数で乗る場合はCX-3は不向きかも?

ヴェゼルとCX-3の価格と実燃費を比較!長所と短所は?

価格の比較

  • ヴェゼルHYBRID Z・Honda SENSING
  • 約271万円〜

  • CX-3 XD プロアクティブ
  • 約263万円〜

どちらも価格帯はあまり変わりません!若干CX-3が安いのですがCX-3はオプションがかなり豊富!

エクステリアでサイドアンダースカートで2色選べますし、ルーフキャリアやサイクルアタッチメントなどアウトドア用がオプションにあります。

インテリアでは収納が増えるバックポケットや各部にメッキパーツ追加などがありますし、アクセサリー関連ではエンジンスターターなども付いています。

車好きにはたまらないこのオプション。ヴェゼルよりも楽しめることは間違いなし!

ですが、あれもこれも付けていたらヴェゼルにオプションを付けた時よりも価格が高くなっちゃいますね(^^;

燃費はCX-3が◎

公式カタログ値でいうと、

ヴェゼル:23.4km/L
CX-3:23.2km/L

となり、ヴェゼルもCX-3も同じような燃費ではありますが、大事なのは実燃費!

実燃費はどうなのかというと、

ヴェゼルの実燃費は平均で17.1.km/L。

カタログ値の差は約6km/Lで差がありますね。一般的に実燃費は2割ほど下がると言われていますが、夏や冬などの冷暖房を使う季節になるとかなり落ち込んでしまい、冬は13km/Lなんて口コミも。

1年を通して燃費の差が激しいというのがヴェゼルの実燃費となっています。カタログ値との差がある点では、マイナスポイントですね。

続いてCX-3ですが、実はこちらも平均で17km/L程度です。ヴェゼルと同様で、カタログ値と実燃費の差がありますね。

さて、ここまでだとヴェゼルもCX-3も全くといっていいほど変わりません。

これだけでは比較にならないので、原動機の違いはどうでしょう?

この2車種は大きな違いがあります。

ヴェゼルはガソリンエンジン+ハイブリッド

CX-3はディーゼルエンジン

なので、燃料が違いますね!ヴェゼルはガソリン、CX-3は軽油です。燃費も全然変わらないとなれば、燃料の値段も考慮しなければ比較になりません。

ガソリンと軽油の値段の差は約20円~25円程度です。

100L軽油を入れれば、ガソリンとの価格差は約2000円です。そんなに差が感じられないかもしれませんが、長く乗ることでかなり軽油のほうがお得になりますね。

実燃費の部分ではCX-3の方が優秀と言えるでしょう。

安全装備はどちらも◎だが、機能の多さはCX-3!

引用:http://www.honda.co.jp/VEZEL/

続いて安全装備です。

ヴェゼルはHONDA SENSINGという安全装備が付いています。

ちなみにHONDA SENSINGとは衝突軽減ブレーキや誤発進、路外逸脱抑制機能、歩行者事故低減ステアリング機能など、事故を防ぐ為にHONDAが開発した安全装備です。

対してCX-3も夜間歩行者検知機能や、誤発進防止やリアパーキングセンサーなどが標準で装備されています。

基本的な部分は同じですが、1つだけCX-3にしかない物があります。

それはブラインドスポットモニタリングという機能です。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/feature/safety/i-activsense1/#bsm_rcta

これはドアミラーの死角に歩行者や車などがいると、センサーで感知し警告してくれます。

また、その警告がある状態でウィンカーを出せばさらに警告音がなり車線変更の中断を促してくれるシステムです。

これをどう取るかですが、死角に対して意識しているのはCX-3ですね。ドライバーの死角って必ずあるので、死角からの危険が軽減される点も含めて、僅差でCX-3の方が優れているでしょう。

乗り心地はヴェゼルが◎!

ヴェゼルは乗り心地が総じて硬い印象です。

街乗りというよりは、スポーツ走行向きな味付けにされています。なので、街乗り基準で見ると乗り心地は良くない、硬すぎるという意見が多いですね。

一方でCX-3も硬いというか、リアがよく跳ねるような乗り心地であまり良くないです。

これはリアのサスペンション形式がトーションビームなのが原因だと思われますが、路面のギャップを拾った時に跳ねます。

欧州車のような乗り心地と言う人もいらっしゃいますが、欧州車のスポーツ走行に適したような硬い乗り心地とはまた違います。

同じ硬い足でも、ヴェゼルの方がCX-3に比べて乗り心地が良いですね。

走行性能の比較!街乗りはCX-3が◎!

ヴェゼルは高速域でも十分に走れるだけのパワーを持っています。コーナーもSUVなのに、キビキビ曲がる車なので、小回りが良いとかよく言われていますね。

全高が抑えられて、重心が低いからでしょう。

一方のCX-3はディーゼルエンジンなので、かなりトルクが太く270N・mという数値。低回転から力強く加速することができるため、瞬発力があります。

そのため、坂道などもヴェゼルに比べてグイグイと走ってくれます。

コーナーリングはヴェゼルと比べてそこまで良くないのですが、街乗りのしやすさで言うとCX-3ですね。

ヴェゼルとCX-3比較!まとめ

ヴェゼルとCX-3を比較していきましたが、どうだったでしょうか?

ヴェゼルはCX-3に比べて室内も広く、荷物をたくさん詰めることができ、さらに走りもそこそこで遠出もOK!どんなシチュエーションにも合う車となります。

一方、CX-3も走りでは負けず劣らずですが、ヴェゼルよりも室内空間が狭い点が残念なところ。多人数でのお出かけにはあまり向いていないと言えるでしょう。

個人的にはCX-3のインテリア・エクステリアはかなり好みではあります…が、同じくらいのサイズ感と価格から見ると、ヴェゼルの方が便利で良いのかなっというところです。

以上、他社比較でした!

新型ヴェゼルを安く買う裏技とは!?

  • 「ほしいグレードの車は…高いっ…!」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉ってどうやるの??」
  • 「たくさんディーラーを回る時間がない…」
  • 「ディーラーの売り込みが苦手…」

などなど、
車の購入を考えているけど、
価格の悩みは尽きませんよね。

一番の相談者である家族に話しても、
「車のことは良く分からない。安い軽自動車でいいじゃん」
と言われる始末…。

そんな方へ、
おススメの裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

結論から言うと、
下取りより買取!
です。

流れとしては、
一括査定サイトに登録し、
連絡を待つだけ!

一括査定サイトを利用することで、
ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者で80万円!なんて口コミが多くあります。

ポイントは、
最大10社の大手下取り会社が
買取価格を競うところ!

だからこそ、80万の買取実績があるのです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA