ヴェゼルとCX-5を比較!どっちがいい?長所と短所はコレだ!

新型ヴェゼルの新車を安く手に入れたい方へ!

新車を安く手に入れる方法があります。
それは下取りに一括査定サイトを使うだけ。
これが一番お得でおススメです!

大手買い取り業者最大10社が
買い取り価格を競い合うため

ディーラーでは30万円の下取りが、
70万円で買い取ってもらえた!
という口コミが多数!

ぜひお試しください。

今回は3年連続SUV販売台数1位を獲ったヴェゼルと、ヴェゼルよりワンランク上のCX-5を比較していきます!

値段の差以上に機能などの差は見られるのか?それぞれどんな特徴で、どんな用途に向いているのかを筆者目線でまとめていきます。

ヴェゼルとCX-5!内装・価格・燃費を比較!

今回はそれぞれ人気グレードのヴェゼルHYBRID Z・Honda SENSINGとCX-5 XDプロアクティブを比べます

サイズはヴェゼルが◎!

まず、車体の大きさから紹介していきます。

  • ヴェゼル
  • 全長 4340㎜
    全幅 1790㎜
    全高 1605㎜
    客室寸法:長さ 1930㎜
    客室寸法:幅 1485㎜
    客室寸法:高さ 1265㎜

  • CX-5
  • 全長 4545㎜
    全幅 1840㎜
    全高 1690㎜
    客室寸法:長さ 1890㎜
    客室寸法:幅 1540㎜
    客室寸法:高さ 1265㎜

車体のサイズと室内の幅はCX-5が大きいのですが、室内の広さ・長さはヴェゼルの方がほんの少し大きいんです!

一回り大きいCX-5だけに室内も大きいかと思いきや、ヴェゼルの方がほんの少し大きい数値です。空間の確保の仕方が上手なんでしょうね。

大きく差があるわけではありませんが、少しでも室内は広いと嬉しいので、ここではヴェゼルが◎

内装は僅差でCX-5が◎!

引用:http://www.honda.co.jp/VEZEL/

ヴェゼルは中は広く、シートも本革が使われており高級感がある内装で満足感は高いのですが、収納が少ないのが欠点ですね。

CX-5の内装ですが、ヴェゼルに負けないくらいの高級感溢れる内装です。黒を基調としたシートは深みがあり、高級車のような雰囲気も漂っています。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/interior/interior1/?link_id=sbnv

ナビもBMWやベンツのようなフローティングなのも相まって、欧州の雰囲気があります。収納もヴェゼルより多く便利です。

ヴェゼルの方が室内が若干広いのですが、だからといってCX-5が狭い!というわけではありません。どちらも、多人数乗れる室内です!

僅差でCX-5が◎ですね!

価格ではヴェゼルが◎

  • ヴェゼルHYBRID Z・Honda SENSING
  • 約271万円〜

  • CX-5 XD プロアクティブ
  • 約300万円〜

価格だけでいうと、CX-5の方がディーゼルエンジンなのかやはり高い設定ですね~!

ディーゼルエンジンの技術は素晴らしいし、車体の大きさや、ランクも含めてCX-5が高いのは致し方ない部分でもありますね!

燃費はCX-5が◎!

公式カタログ値は
ヴェゼルは23.4km/L
CX-5は17.1km/L
です。

ヴェゼルの方がカタログ値はかなり燃費の良い数値が提示されていまが…さて、実燃費はどうなのか。口コミサイトを見ると…

ヴェゼル:17.1km/L
CX-5:17.1km/L

まさかの同じ結果!

CX-5はディーゼルエンジンなのですが、MAZDAの技術は素晴らしいですね~。車体が大きいディーゼルエンジン車でもこの燃費。しかも、燃料も軽油でお得です。

燃料の費用から考えて、ここはCX-5の方が良いです。

ヴェゼルとCX-5の安全装備・走行性能・乗り心地を比較!

次に、安全装備と走行性能・乗り心地を比較していきたいと思います。

ランクが上のCX-5にヴェゼルは太刀打ちできるのか?見ていきましょう!

安全装備はCX-5が◎!

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/safety/i-activsense2/#scbs

続いて安全装備です。

ヴェゼルはHONDA SENSINGという安全装備が付いています。

ちなみにHONDA SENSINGとは衝突軽減ブレーキや誤発進、路外逸脱抑制機能、歩行者事故低減ステアリング機能など、事故を防ぐ為にHONDAが開発した安全装備です。

対してCX-5もi-ACTIVSENSEといった、夜間歩行者検知機能や、誤発進防止やリアパーキングセンサー、車線逸脱警報システムなどが標準で装備されています。

どちらも似たような内容ですが、CX-5にはヴェゼルにはない機能があります。

それは、ブラインドスポットモニタリングという死角からの対象物を検知し、車線変更などの中断を促す機能。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/feature/safety/i-activsense1/#bsm_rcta

死角を軽減するというのは、運転している人間にとってかなり負担が違うし、事故の確率も少なくなります。

ヴェゼルにはこの機能はありませんので、ここが大きな違いですね。

死角に対する対処をしているという点も含めて、CX-5が優れています

乗り心地もCX-5が◎!

ヴェゼルは乗り心地は硬いという点が欠点です。どの口コミサイトを見ても、硬すぎるという意見が目立ち、やはりここは評価が低い。

街乗りというよりは、スポーツ走行向きなのでしょう。家族で旅行する際は疲労感は感じてしまいます。良く言えば”しっかりした乗り心地”なのですが…万人受けではないのが正直なところ。

一方でCX-5も硬めの足回り。なのに、硬すぎない上質な乗り心地を実現しています。例えるならまるで、セダンに乗っているかのような乗り心地です。

乗り心地に関しては、CX-5の方が長距離運転でも疲れづらいということもあるので、CX-5の方が乗り心地が良いです。

走行性能もCX-5が◎!

引用:http://www.honda.co.jp/VEZEL/

ヴェゼルは高速域でも十分に走れるだけのパワーを持っています。コーナーもSUVとは思えないほど良く曲がる車です。それは全高が抑えられて、重心が低いからですね。女性にも運転しやすいと言われています。

一方のCX-5は2.2Lディーゼルエンジンなので、かなりトルクが太い!数値でいうと450N・mです。つまり、瞬発力が素晴らしいということです!また、パワーも190PSありヴェゼルとは58PSも上回っています。

ヴェゼルのトルクは160N・mとCX-5よりかなり下回っており、CX-5方が低回転からトルクが出るので、坂道などもヴェゼルに比べて軽々と上ってくれるんです。

排気量の差もあるので、仕方ないといえば仕方ない。。コーナーリングもCX-5は悪くないです。ヴェゼルと同等かそれ以上ですね。

ヴェゼルの走行性能は悪くはないのですが、CX-5が圧倒的に性能が良いです。

ヴェゼルvsCX-5!比較まとめ!

ヴェゼルとCX-5を比較していきましたが、どうだったでしょうか?

価格以外は総じてCX-5の方が評価が良いです。

CX-5はランク的にハリアーなどがライバルになるので、ヴェゼルより良いのは当たり前の結果だったと思います。

しかし、ヴェゼルも室内が若干広い点などから、負けているとは言い難いですね。価格を少し抑えたい方であれば、ヴェゼルでを選択肢に入れてもいいかと思います!

新型ヴェゼルを安く買う裏技とは!?

  • 「ほしいグレードの車は…高いっ…!」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉ってどうやるの??」
  • 「たくさんディーラーを回る時間がない…」
  • 「ディーラーの売り込みが苦手…」

などなど、
車の購入を考えているけど、
価格の悩みは尽きませんよね。

一番の相談者である家族に話しても、
「車のことは良く分からない。安い軽自動車でいいじゃん」
と言われる始末…。

そんな方へ、
おススメの裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

結論から言うと、
下取りより買取!
です。

流れとしては、
一括査定サイトに登録し、
連絡を待つだけ!

一括査定サイトを利用することで、
ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者で80万円!なんて口コミが多くあります。

ポイントは、
最大10社の大手下取り会社が
買取価格を競うところ!

だからこそ、80万の買取実績があるのです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA