ヴェゼルは女性も運転しやすい?実際の口コミ&C-HR比較!!

新型ヴェゼルの新車を安く手に入れたい方へ!

新車を安く手に入れる方法があります。
それは下取りに一括査定サイトを使うだけ。
これが一番お得でおススメです!

大手買い取り業者最大10社が
買い取り価格を競い合うため

ディーラーでは30万円の下取りが、
70万円で買い取ってもらえた!
という口コミが多数!

ぜひお試しください。

ヴェゼルは「女性におすすめなSUV」としてよく紹介されている車!

でも、実際はどうなのでしょうか?女性も運転しやすいのか?ライバル車のC-HRとの比較もしてみました!

ヴェゼルは女性も運転しやすい?そもそも運転しやすい車とは!


まず、女性が運転しやすい車とはどういうものなのかですが、以下の3つが挙げられます!

  1. ボンネットが短い
  2. 車体が小さい
  3. 小回りが利く

これら3つのポイントを兼ね備えていると運転しやすいと言われています。

逆をいえばボンネットが長く、車体が大きく、小回りが効かない車が運転しにくいということです。

ヴェゼルは女性は運転しにくい?


では、ヴェゼルはどうでしょうか?

ボンネットについては、見ての通り長すぎないデザインであると言えます。ということで、ボンネットはクリア。

また、ヴェゼルはSUVとしては小回りの効く車です。フィットやヴィッツといった、コンパクトカーほどではありませんが、エクストレイルやcx-5といった大型SUVよりも小さいため、小回りが効きますね。

さらにアイポイントがセダンより10㎝高く設計されているため見晴らしが良いため、運転しやすいです!

これにより、前方だけでなくサイドの見切りが良くなり、取り回しがしやすくなっています。

左側のドアミラーに は左前方下を映す補助ミラーが付いているのもポイントで、狭い路地での幅寄せや縦列駐車でも確認しやすくなっています。

以上のことから、ヴェゼルは女性でも運転しやすい車ということが分かりますね!

ヴェゼル女性オーナーの最新口コミ・評判!乗り心地は?


ヴェゼルを購入した女性オーナーさんに実際のところどうなのか?聞いてみました!

1番多かった感想は燃費について。

50代女性1
思ったよりも燃費がいい。

といった感想や、

友人B
ハイブリットではないにも関わらず町中で18m/lの時もあり、ハイブリット並だと驚きました!

など。燃費はカタログ燃費とは差がありますが、それでも満足している方の方が多いようです。

次に多かったのは安全装備や走行性能についての評価。アンドリングの良さはかなり高評価!

40代女性
ホンダセンシングがとても良い!手足を添えているだけで追従してくれるため 高速道路の運転はかなり楽ができます。
50代女性2
長距離移動の疲労感が全く違う、これなしで高速運転は考えられない

などという感想もありました。

ただ、乗り心地についてはすこし評価が低く「ゴツゴツとした乗り心地が気に入らない」という口コミも。

ホンダは足回りを少し固めにセッティングしているためすこし硬い乗り心地になっているの かもしれません。

また、新車時に履いてるタイヤがエナセーブ503スポーツマックス050で、どちらも乗り心地には特化していないためタイヤの性能も原因かもしれません。

タイヤを変更したら乗り心地が良くなった!という声もあるので、余裕がある方は自分好みのタイヤに変更してもいいかもしれませんね!

まとめると、燃費や走行性能はかなり高評価でした。乗り心地だけ個人差があるようです。

ヴェゼルの内装は女性からも好印象!

実は、ヴェゼルの内装・外装は女性からも支持されており、「エクステリアに一目ぼれした」という方がほとんど!

ヴェゼル自体がSUVとして低価格にも関わらず、ブラックの内装でメッキパーツが所々光っていて高級感があります。

内装について、特に筆者が気になったのはアームレスト部分のドリンクホルダー!このドリンクホルダーがとても画期的

引用:http://www.honda.co.jp/VEZEL/

使用状況によってアームレストを前に出したり後に下げたりすることで飲み物を2個、3個と置けます。

さらに、深さも調整できます!ドリンクホルダーの床面を強く押すと床板が収納され、さらにスペースができます。

なので、小さい缶コーヒーは浅めにして、ペットボトルは床面を下げて置くなどができます!飲み物に合った収納ができるのっていいですね!

こういった細かなところは女性にはウケが良さそうですね。また、ホルダーを外せば深く広いスペースにもなります

正直「こんなにドリンクホルダーにこだわる!?」と思っちゃいましたが、この発想はすごいですね!

ヴェゼルハイブリッドとC-HRと比較!

〇外装比較

  • ヴェゼル
  • 引用:http://www.honda.co.jp/VEZEL/

    ヴェゼルは2013年デビューなのですこし古いイメージですが、2018年2月のマイナーチェンジによりフロントバンパーやグリルのデザインを変更し、インラインタイプのLEDヘッドライトを採用したことで古臭さを払拭しています。

    また、18インチアルミホイールも装着されることで迫力のあるエクステリアを実現。ホンダの持つスポーティな雰囲気を上手くSUVに取り入れています。

  • C-HR
  • 引用:https://toyota.jp/c-hr/exterior/?padid=ag341_from_chr_navi_exterior

    C-HRはヴェゼルと同じくクーペ風のスタイルを取り入れていますが、より張り出したフェンダーやリアに行くにつれて低くなるルーフラインなど、強烈かつ個性的なエクステリアデザインとなっています。

    そのため、ヴェゼルよりも好き嫌いのハッキリするスタイルと言えそうですね。

〇内装比較

  • ヴェゼル
  • 引用:http://www.honda.co.jp/VEZEL/

    ハイブリッド仕様の上級グレードとな「HYBRID Z」にはジャズブラウンというオレンジがかったブラウン系の内装色が選べるのはC-HRにはないヴェゼルだけの特権です。
  • C-HR
  • 引用:https://toyota.jp/c-hr/interior/?padid=ag341_from_chr_navi_interior

    それに対して、C-HRは内装色は上級グレードが黒とブラウンのコンビシート、ベースグレードも ブラックと、外装のカラーとは一転して落ち着いたカラーのみのラインアップとなっています。

〇安全装備比較

引用:http://www.honda.co.jp/VEZEL/

ヴェゼルのホンダセンシング、C-HRのセーフティセンス。

どちらも安全装備はありますが、機能の差としては、新型ヴェゼルの衝突被害軽減ブレーキが約5km/hから作動するのに対して、C-HRは約10km/hからと作動速度に差があります。

一方、アダプティブクルーズコントロール(前走車との適切な車間距離を維持しながら追従走行する機能)は、

ヴェゼルは約30km/h以上で作動するのに対し、C-HRは0km/hから使え、前走車が停止した場合は停止保持/発進制御までしてくれるという違いがあるため、使うシーンを考慮して選びたいところですね。

〇まとめ

外装、内装、安全装備の比較をしましたが最初の話に戻り、女性が乗るとしたらと考えると…

視界の広さや運転のしやすさ、車内の広さを考慮すると女性のニーズに合うのはヴェゼルなのではないかと思います。

運転しやすい車の条件 ボンネットが短い、車体が小さい、小回りが効く。

コンパクトSUVとして十分にその条件をクリアし、安心して運転できるヴェゼルはとても魅力的と言えますね。

新型ヴェゼルを安く買う裏技とは!?

  • 「ほしいグレードの車は…高いっ…!」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉ってどうやるの??」
  • 「たくさんディーラーを回る時間がない…」
  • 「ディーラーの売り込みが苦手…」

などなど、
車の購入を考えているけど、
価格の悩みは尽きませんよね。

一番の相談者である家族に話しても、
「車のことは良く分からない。安い軽自動車でいいじゃん」
と言われる始末…。

そんな方へ、
おススメの裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

結論から言うと、
下取りより買取!
です。

流れとしては、
一括査定サイトに登録し、
連絡を待つだけ!

一括査定サイトを利用することで、
ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者で80万円!なんて口コミが多くあります。

ポイントは、
最大10社の大手下取り会社が
買取価格を競うところ!

だからこそ、80万の買取実績があるのです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA